読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5月4日、STAR WARSとコナンと

STAR WARS

5月4日といえばSTAR WARSという人も多いと思う。
STAR WARSでのセリフ「May the force be with you.」と5月4日の英語表記「May the fourth」を掛けてるというのは有名な話。

STAR WARS観たことなかった

今までSTAR WARSを観たことなかった。どうも自分は人気のものとか流行りものとかが苦手というひねくれた性格なので、食わず嫌いで観ようとしなかった。
けど、最近知り合いにおすすめされてGWを利用して観てみることにした。

観る順番に迷った

いままでSTAR WARSを観ようとしなかった一因でもあるんだけど、観る順番をどうするか調べる(考える)のが面倒くさかった。
今回観ようと思ってやっと重い腰を上げて調べた。

観る順番のパターンは2つあって、公開順かエピソード順か。
そもそもSTAR WARSは、エピソード4が一番最初に公開されてその後、5 → 6 → 1 → 2 → 3 という順番に公開されていて、エピソード順と公開順が一致していない。
なので、公開順で観るのかエピソード順で観るのかという選択肢が出てくる。
自分は、知り合いのおすすめと、公開順のほうが当時の観客と同じ視線で観れて楽しいかなということで、公開順で観ることにした。

観た感想

ということでTSUTAYAでBDを借りて公開順に1〜6まで観たんだけど、普通に面白かった。 いや、語彙力ない上にネタバレなしで感想を言おうとするとこうなる。

R2-D2かわいい。

ライトセーバーでの殺陣のシーンはあまり迫力を感じなくて残念だった。けど、エピソード3の殺陣は結構かっこよくて満足だった。

エピソード4(公開: 1977年)を観たときに「すげー、当時でもこんな映像作れたんだ」とびっくりしたんだけど、Wikipediaによると表現がCGに変更されていたり、シーンが追加されていたりとだいぶ修正が加えられているらしい。

まだエピソード7とローグワンは観てないので観ようと思うのと、エピソード8が今年12月に公開らしいので楽しみ。

コナン

実はもう一つ5月4日は大事(?)な日であって、工藤新一/江戸川コナンの誕生日。 アニメキャラの誕生日をお祝いする文化圏に住んでいないので、お祝いするという話ではなく、それにまつわる映画を観たという話。

今日観たのは、「時計じかけの摩天楼」と「世紀末の魔術師」

時計じかけの摩天楼

これはコナン初の劇場版作品。1997年公開。 誕生日前後に起こる事件の話。

うんちくを披露しておくと、白鳥刑事(正確には警部補。現在は警部に昇格してる。)が初登場する映画で、以後のTV放送のアニメでもレギュラーキャラクターとして登場するようになる。

世紀末の魔術師

劇場版3作目。作品名の通り世紀末ということで、1999年公開。 これは、コナンの姿で誕生日を明かしてしまい、新一と同じ誕生日ということで蘭に疑われる話。

初めて映画に怪盗キッドが出てくる作品。

世紀末の魔術師は全コナン映画の中で一番好きな作品であり、おすすめの作品。

今年の作品は…

から紅の恋歌<ラブレター>」はまだ観てない。毎年、全劇場版コナン(ルパンは除く)を観てからという自分ルールを作っているのと、空いた映画館で観たくてGW明けてからのほうが空くかなと思ってまだ観てない。
今年は、「迷宮の十字路」ぶりに平次と和葉がメインの話なので、かなり楽しみ。

ちなみにコナンは恋愛を絡めたアクション映画だと思ってる。